元気なうちに介護用に家をリフォーム

とうとうパソコンを購入した知り合いのおじさんがいます。
操作の仕方は何も知らないので、この間は電源の入れ方と切り方を教えてきました。
そして今回はワードを使いたいというので、
早速その使い方を教えるためにおじさんの家まで行ってきました。

最初は電源を切るのもままならなかったほどです。
それでワードなんて使えるのだろうかと不安だったのですが、
案外簡単にマスターしてくれたようです。

パソコンのワードを使うのは初めてでも、
今までワープロを使っていたのでその経験が生かされたようですね。

ワードの使い方を覚えるのなら、私の父よりよっぽど早かったです。
私の父もワープロには慣れているのに、ワードはなかなか覚えられなかったんです。
今でこそ大抵のことはできるようになったようですが、応用はきかないようです(^^;

そのおじさんですが、今度介護用に家をリフォームするとのこと。
まだまだ元気なのになぜ?と思いましたが、介護が必要になる前に
子供たちに負担にならないように、自分でやちゃいたいとのことでした。

手すりをつけたり、お風呂場をバリアフリーにしたりするらしいですよ。
PCなど新しいものを学ぼうとする意欲も尊敬しますが、ホント
素敵なおじさんですよね~。