老後の生活を自分で考える

先日、テレビで老後の生活についての特集が組まれていました。
最近は、有料老人ホームへの住み替えを考える人が多いそうです。

老後も子供たちになるべく負担をかけたくないから、自分で元気
なうちにどうするか考えるのだとか。

その人は、神奈川で有料老人ホームを探していましたが、今は素敵
な施設が多いようですね。

豪華絢爛なものから、充実した設備、アットホームなところまで
様々あって、悩んでいましたよ。

私も自分の将来を考えると、やっぱりそういうところに入りたいで
すね。
住み慣れた土地に近いところがいいかも。
友人にも会えますしね。
その他にも医療関係の転職を特集した番組も興味深いものでした。
それは小児科医師の転職だったのですが、転職支援サービスを利用
するのです。

何でもビジネスになるものですね。
確かに忙しい仕事で、ニーズがある職種だったらそれをサポートする
仕事はビジネスになりますよね。

地域によっては未だに医師不足ですから、そういったところへ行きたい
と考える医師のサポートを行えるというのも仕事冥利に尽きると
コンサルタントは言っていました。

充実した日々を送れる人というのは、どんな事でも前向きに捉えられる
能力がある人なのかもしれません。

同じ仕事、同じ環境でも不平不満を言う人はいますから。

私も、いつも前向きに色々な事を楽しいと思いながら生活できるように
していきたいと考えさせられました。
それって、凄く大事ですよね^^